琢亭   

神奈川県三浦郡葉山町の日本料理店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

陶芸家 二代 川瀬竹春

二代  川瀬竹春 (川瀬順一)


1923年 川瀬竹翁(初代竹春)の長男として京都に生まれる。
1939年 京都市美術学校絵画科を経て父のもとで陶芸の道に入る。  
1949年 京都より父と共に神奈川県大磯三井城山窯に移り作陶する。 
1960年 現在地の大磯町国府本郷に「古余呂技窯」を築窯し独立する。
1979年 二代目 竹春を襲名する。 


先日このブログでもご紹介しました川瀬家の一人で、満之さんのお兄さん。

忍さん竹志さんのお父さんです。


竹春と言えば、この五彩が良く知られています。 
二代目竹春

ひと目で「竹春!」とわかる作風で、非常に人気が高いシリーズです。

五つの色から生み出される世界。

まさに「彩(いろどり)」という言葉が相応しいですよね。



川瀬家以外で、この作風を継承した人物がいます。

その方のご紹介は次回。

        
                                   
スポンサーサイト

別窓 |
∧top | under∨
| 琢亭    |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。