琢亭   

神奈川県三浦郡葉山町の日本料理店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

来年こそは「おせち」を

今年もあと二ヶ月となりました。

例年ですと、おせち料理の準備を始めている頃です。

今年はどんなものを入れようかと悩み始め、お重の数、付随するものの発注など事前準備も大変です。


料亭では「おせち」はお客様への一年の感謝の気持ちをお伝えするものだといいます。

つまり、採算を考えずに提供させていただくものなのです。



最高の材料を取り揃え、時間をかけて調理をする。

お客様が素敵なお正月を迎えることが出来るように、丹精込めて作ります。


寒い寒い年末。

お料理が傷まないように暖房をつけず、窓を開け、一晩中寝ずにおせちを詰めます。

板前の、その年最後の仕事です。



「おせち料理」=「美味しくない」、と思っている方もいらっしゃると思います。

美味しくないから「おせち」を食べない、という若い方も増えてきているようです。

実は女将である私も、あまり好きではありませんでした。

しかし料理長のおせちを食べて、その概念は吹き飛びました。

「美しい!」そして「美味しい!」のです。

苦労して作るその現場を見ていれば尚更です。


手間隙かけた職人の業。

日本料理の奥深さ。

皆様にもぜひ味わっていただきたい!

心よりそう思っております。



今年はオープンの準備のため、おせちはお休みさせていただきます。

料理長佐々木のおせちを楽しみにされているお客様、本当に申し訳ございません。

来年こそは必ずご用意させていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。



こちらは「うつわ処 藤間」でお作りしていたおせちです。

IMG_0085_convert_20081028195008.jpg

IMG_0087_convert_20081028195039.jpg

a.jpg














スポンサーサイト

別窓 | おせち料理
∧top | under∨
| 琢亭    |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。