琢亭   

神奈川県三浦郡葉山町の日本料理店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

一路 新潟へ

今週始めは、主人が後輩の結婚式に出席するため、連休を取らせていただきました。

おかげさまで新潟まで足を運ぶことが出来ました。

ありがとうございました。


せっかくの機会ですので、嫁&娘もいっしょに(笑。


新幹線で一路新潟へ。

早朝の出発にも関わらず、手作り弁当付き。
bennto
筍御飯のおにぎり・エビフライ・コロッケ・帆立フライ・・・

作者は 横浜 あいちやの親方。

もちろん、嫁&娘の分まで、それぞれ一つづづ。

娘にはポテトサラダ付きで。

全員の分で、計7つです。

感動です!

ありがとうございました(涙


板前ってすごいなーーーー

私、お弁当久しく作っておりません。

家でも夫まかせで(恥




葉山を出て約4時間、無事到着。

式が行われた場所は、新郎とはまた別の後輩の方のご実家である


五頭温泉郷 村杉温泉 風雅の宿 長生館


開湯より700年の歴史をもち、全国でも最高水準のラジウム含有量を誇る名湯です。

越後随一1000坪の庭園大露天風呂。

tyoseikann
娘もお爺さんのような立ち姿になってしまうほど圧巻の敷地です(笑


ついでの嫁&娘も、こちらに宿泊させていただきました。


そして夕食は、こちらも後輩の方の経営する


割烹 たつみ  で。


もちろん、嫁&娘もついでに一緒に懐石料理に舌鼓。
takumi





横の繋がり、縦の繋がりを大切にする板前の世界。



感動です(涙








スポンサーサイト
別窓 | 女将(ママ)雑記
∧top | under∨

連休いたします

今年の冬「寒いですねー・・」と何度日記に書いたことでしょう。

本当に寒い一週間でした。

こんな天候の中ご来店いただき、誠にありがとうございました。

明日から少し暖かいようなので、ほっとしますね。



そんなよいお日柄に、連休のお知らせで申し訳ございません。


4月18日(日)・19日(月)は慶事のため連休を取らせていただきます。


ご理解とご了承の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


琢亭



別窓 | 琢亭より
∧top | under∨

お手持ちの器で

「この器を使っていただけますか?」

先日お客様よりこんなご依頼を頂戴いたしました。


「年に一度、この時期にしか使えないので、この器でお料理を出していただけますか」


お客様がご自宅で大切に保管されていたその桐箱の中には、骨董の色鍋島が・・


「お~~っ」

と主人と二人、絶句してしまいました。


大切なお客様をご招待してのお食事に、大切な器を使って欲しい。


そんなご要望でした。


藍の色とオレンジがかった朱色で描かれた美しい桜の器。

一センチほどの高台に桜の総柄。

「造りだね」

と意見が一致。

お造りを盛ることに決めました。

いつもとは違う緊張感と興奮、そして喜び。

言葉に表すのは本当に難しいです。

料理屋を始めてよかった・・・

そう思える瞬間のひとつかもしれません。


お借りした大事な器のため写真がないのが残念ですが、総柄であるにも関わらずお造りの様々なお色目に波長を合わせてくれる、そんなお料理栄えする素晴らしい器でした。


大切な器を、私共を信頼してお持ちいただいたことにも感謝と感激をしております。


ありがとうございました。




皆様もどうぞ器をお持ちください。

私共も勉強になりますので大歓迎です。

好きな器で酒を呑みたい!ということで酒器をお持ちいただいても大丈夫です。




貴重な作品をお持ちになるときは事前にご連絡をいただければ幸いです。

心の準備がございますので(笑)。



別窓 | 琢亭より
∧top | under∨

暑い・・・そして寒い・・・

今日は、暖かいというよりは、むしろ汗ばむような暑さの一日でしたね。

そしてこの時間にはぴゅーっと寒い北風・・・

どうぞ体調管理にお気をつけください。

明日、4月12日月曜日は定休日でございます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

琢亭



別窓 | 琢亭より
∧top | under∨

杉の大木は倒れても

鎌倉八幡様の大銀杏が強風で倒れたことは全国規模のニュースで伝えられ、多くの方がご存知のことと思います。

先週、関東地方はまた強風に見舞われました。

私が通った「葉山小学校」の脇にあった大きな杉の木も、強風に耐えられず倒れ、伐採されてしまいました。
sugi


残された杉の木の根を見ながら、子供の頃を思い出しています。



この木にあったスズメの巣から落ちたヒナを、ツバメだと思って育てたこと。

学校帰りに駄菓子を買って、木の下を通り校庭に抜け、皆で遊んだこと。



あれから何十年・・・

健忘症のように日々子供の頃の記憶が薄らいで行く薄情な私に、変わらぬ優しさで接してくれる同級生。

ほか弁」の女将さんはいつも笑顔で元気をくれ、

もり兵衛」の大将は親身になって仕事の相談にのってくれ、

大門酒店」に注文をすれば、同級生が笑顔で運んできてくれる。


そして私の大好きなスコーンを焼いてくれる友達。
mari

主婦、OL、社長、先生、板前、獣医、消防士、救命士、営業マン・・・

みんなそれぞれ違う道を歩いていても、会えば昔に戻ったように楽しい。


いつか、この杉の木のように倒れてしまうことがあっても、

「倒れないように支えるよー」

って、言われているようで、


そして言ってあげたいと。


そんなことを考えていました。






本当に雑記だなー・・・




酔ってないですよ。




これから呑みます(笑)。









別窓 | 女将(ママ)雑記
∧top | under∨
| 琢亭    |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。